トップページ

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 ご承知の通り、老人デイサービス事業は昭和40年代後半ころから、複数の地域で老人福祉センター等の一部を使って在宅要援護高齢者の入浴等のサービスを実施していたものが全国各地に広がり、昭和54年に「要援護老人対策の老人デイサービス運営事業」として国の制度で実施されました。平成2年には老人福祉法に位置づけられ、ホームヘルパー派遣事業、ショートステイ事業とともに在宅3本柱とも呼ばれておりました。介護保険制度では通所介護として保険給付対象となり現在道内に1,800ヵ所を超える事業所があります。
 北海道デイサービスセンター協議会は、デイサービスセンター相互の連絡調整を図るとともに、デイサービス事業にかかる調査、研修、情報収集を行い、在宅福祉の推進に寄与することを目的に平成6年5月17日に設立された団体です。具体的には3年ごとに実施して経年変化と現状を的確に把握できると評価を得ている基礎調査、その時々や今後の課題をテーマとした各種研修会や認知症介護実践者研修、会員向けのFAX通信やホームページ等による情報提供などを行っております。また、道内各ブロックや複数事業所がユニットを組んで開催する研修会に協議会役員を派遣する事業も行っており、事業所の近くでの研修会の開催を支援しております。
 現在会員数は約450事業所ですが、より多くの事業所が参加することで、協議会の力を増し、それぞれの事業所における通所サービスの質の向上に繋がると考えております。会員事業所の増加を目指した事業も展開しております。
 また、従来から進めてまいりました、北海道老人福祉施設協議会や北海道認知症グループホーム協会など関係団体との連携をさらに深めるとともに、北海道社会福祉協議会施設部会の一員として北海道の福祉の向上に寄与できるよう、今後も事業の充実に努めてまいりたいと存じますので、皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

 

平成27年5月吉日

 

  プロフィール

 

瀬戸 雅嗣 [セト マサシ]

 

主な関連公職


・社会福祉法人「栄和会」 理事・事務局長・総合施設長
・北海道社会福祉協議会 評議員

・北海道老人福祉施設協議会 会長
・公益社団法人全国老人福祉施設協議会 副会長
・認知症介護指導者研修修了
・札幌市介護認定審査会 委員
・北海道介護支援専門員研修企画委員会 委員
・北海道民間社会福祉事業職員共済会 理事
・北海道福祉サービス第3者評価基準等 委員
・北海道福祉サービス運営適正化委員会 委員

 

 

Copyright 2003 Hokkaido DayServiceCenter Conference. All rights reserved.